さまざまな形態のある美術館勤務の求人

美術館や博物館の求人とは

仕事を得て働きたいと考える人は、当然ながらやり甲斐と給与とのバランスを考えながら職種を選びます。

そんな中で、まれに「美術館勤務」や「博物館勤務」といったものがあります。

一般的にこの種の求人が出る頻度は低いのですが、給与の高低にかかわらず職務として好印象であることから、特に女性に人気の高い求人になっています。

「学芸員」の仕事

博物館法に定められた美術館の場合、最低限必要になる人材は「学芸員」です。

学芸員としての求人であれば、大学で所定の単位を履修して取得できる国家資格が必要で、受験倍率は一般的に高いのが実情です。

また、それぞれの館が扱う専門のジャンルがあり、たとえば近世、近代西洋美術史、日本画、現代美術などといった、求められる専門性が定まっているのが普通です。
したがって、無資格者にとってハードルは高いといえます。

色々な種類の求人

ただし、必ずしも求人は学芸員としての採用だけとは限りません。

例えば一般事務職や受付、監視の業務という仕事もあります。
あるいは空調設備、警備、その他資料整理等の非常勤職員やアルバイトもあります。

これらの中で、一般事務職、監視、資料整理の非常勤、アルバイトといった職種は、通常は自治体や企業などの運営団体が直接雇用するのが一般的です。

一方、受付や空調設備、警備といった仕事は、近年は館が業務委託した派遣会社の社員として、美術館に勤務するケースが増えています。

こうした実情をふまえ、雇用者が誰なのか、どんな職種なのかをよく見極めることが大切です。