人手不足の求人では戦力としての中高年も

大企業と中小企業の求人について

大手企業で有名なところや業績を挙げているところでは、人手が欲しいときに、それほど苦労はしていません。

処遇条件の良さや将来性があり、特段のPRをしなくても、自然と人が集まってくるからです。

ですから、人が不足し、それを補充するための求人では、極端に言えば選り取り見取りということで、選ぶことが大変ということになります。

中高年をターゲットにする

ところが、中小企業ではそうはいきません。
健全経営であろうと、将来性があろうと、画期的な新製品を開発しようと、人手は集めにくいのが常なのです。

大手企業と同様に、人を採用するのであれば、若い人をということになりますが、ただでも集めにくいところにもって、若い人となればハードルは一層高くなってしまいます。

そうしたときには、一旦考え方をリセットし、若い人募集を捨て、中高年を対象とした求人作戦を展開したらいかがでしょうか。

年配者は報酬を高くしなければならないと思いがちですが、年功賃金でなく、職能賃金などで決定する方式にすれば、それほど高い給与を用意しなくても大丈夫なのです。

発想を転換し、中高年に特化した求人活動を展開するということも考えられます。

中高年に特化した求人のメリット

今の時代、中高年は先行きに不安もあり、それだけに真面目に会社のために働くという気持ちが強くなっています。

それなりの経験もしてきています。
経験からくる知識や能力も備わっています。これを活用しない手はないのです。

中高年とて、企業の中ではやりがいとか仕事のし甲斐を求めており、世の中的には現状に不満を持ちながら、生活のために我慢をし続けている人が少なくはないのです。

したがって中小企業においては求人する場合は、若い人中心でない求人活動も、企業の維持発展に結びつくことを認識する必要があるというわけなのです。

残業代請求の弁護士

残業代請求のための専門窓口、長時間労働や残業代の未払いでお困りの方は、お気軽にご相談ください!