昇進が出来ないと悟ったら転職を

職場で正当な評価を得られないとお考えの方へ

ある程度長い間職場にいると、将来どのぐらい出世できそうかということがわかってくるものです。

そして、昇進というのは完全に実力だけで決まるものではなく人の好みによって左右されてしまうこともあるものです。

そのため、昇進を決定する相手とどうしてもそりが合わなくて、どれだけ仕事が出来ても一向に出世できそうに無いということは肌で感じ取ることが出来るものです。

転職という道

そのような場合、出世にこだわらず現状に不満が無いのであれば、そのまま同じ職場にい続けるという選択肢もありますが、正当な評価をしてもらうことができる職場に転職するという方法もあります。

出世をする見込みがあるのであれば別ですが、それ以上上に行くことができないとわかっているのであれば、待遇がよくなる見込みも無いため更なる良い環境を目指して転職活動をするというのは悪いことでは無いのです。

終身雇用の崩壊

日本では終身雇用の考えが根強い為に、転職に抵抗を持つ人というのも多くいますが、終身雇用が崩壊しつつある現状ではより評価をしてくれる職場が見つかるのであればどんどんと転職活動を行っていった方が良いといえるのです。

一つの職場で一生を終えるよりも、働きを評価してくれる職場があればそちらの方が良いわけです。

これ以上の出世が見込め無いと悟って、モチベーションが低下してきた時には思い切って転職を考えるというのもとても重要なことですから、現在の職場に見切りをつけるというのも悪いものではないのです。